赤ちゃんの夏の服装どうする?快適に過ごすためのヒント

乳幼児
スポンサーリンク

もうすぐあつーい夏がやってきますね。
代謝もよく体温の高い赤ちゃんは汗をたっぷりかきます。
でも何を着せたらいいの?
肌着って絶対着せないといけないの?
と悩んでいるママさんも多いのではないでしょうか。
そこで、肌着の必要性やおすすめの服装をご紹介します。

 

赤ちゃんに肌着は必要?洋服だけではダメなの?

元気いっぱい動いて、汗をたっぷりかく赤ちゃん。
肌着と洋服を着せるのは暑いから、洋服だけではダメなの?と、
思うママさんもいるのではないでしょうか。

これ、半分正解です。
時と場合によって着せた方が良い時と
着せなくても良い時があります。

まず、肌着をなぜ着せるのか?
肌着は汗を吸収する役割をしてくれます。
体温調節が苦手な赤ちゃんの汗が皮膚に残ってしまうと、
どんどん体温が下がり体が冷えてしまいます。
これでは、赤ちゃんが風邪をひいてしまいますよね?
だから肌着は着せた方がいいのです。
特にエアコンの効いた場所に行く時は肌着を着せましょう。

汗をかく度に肌着だけ着替えさせるのは面倒…そんなときは
背中に小さめのタオルを入れておけば交換も楽ですよ。
寝る時にも入れておけば、夜中に汗だくで着替えさせるという
手間が省けますし、起こしてしまうこともありません。

真夏の暑い日は綿100%の肌触りのいい洋服1枚でも良いです。
家の中であればボディースーツ1枚で過ごすのも良いでしょう。

真夏日に2枚着せると今度は熱中症の心配も出てきます。
赤ちゃんは自分で暑い寒いが言えませんし、着替えもできません。
ママがしっかり見極めて調節してあげましょう。

 

暑い夏にはどんな生地の洋服がいいの?

夏でも外出を楽しみたいし、かわいい洋服を着せたい!
と、ママさんならみんなそう思いますよね。
デザインはもちろん大事ですが、生地もいろいろな種類があることをご存知ですか?
デパート等でお洋服を買いに行って、どの生地のお洋服を買っていいのか、
違いは何なのか悩まれたママさんもいらっしゃるのではないでしょうか。

それぞれの生地の特徴、おススメをご紹介したいと思います。

ガーゼ・・・目が粗く通気性が良く乾きやすい、柔らかいです。
吸汗性も高いので、夏にぴったりの生地です。
肌寒いときは、重ねて着ると保温性もアップし、
夏だけでなく1年通して使用できますが、
伸縮性があまりないないので、少し着せにくいと感じるかもしれません。

フライス・・・リブ編みの生地で伸縮性が高く、新米ママさんや
慣れていないママでも着せやすいです。
柔らかい手触りで季節を問わず着ることができます。
肌着の定番生地です。

天竺・・・薄手でさらっとした手触りの生地です。
伸縮性も高く、夏用の肌着やベビー服によく使用されています。

メッシュ・・・通気性がよく、汗をすぐ乾きます。
汗もすぐ乾くので、湿疹等の皮膚トラブルの予防にもなります。

赤ちゃんの皮膚状況や、お出かけ先の気温等に合わせて使い分けてみてはどうでしょうか。

 

夏に向いていない洋服って?

夏に向いていないお洋服もあります。

ノースリーブも実はあまりオススメできません。
涼しそうなのにどうして?って思いますよね。
赤ちゃんは暑がり、汗かきさんです。
ノースリーブだと脇汗をしっかり吸収してくれず、汗が流れ、
皮膚疾患、風邪の原因になってしまうからです。

また、汗もができやすくなってしまうきついゴムの洋服や、
肌触りのよくないフリル、ボタンや飾りのついた服はなるべく避けてあげましょう。

92738a0bc803279f9f1f0173b65fc5a3_m
 

体温調節が苦手な赤ちゃん。
マメに赤ちゃんの背中に手を入れて体温や汗の確認をして、
汗をかいたらこまめにお着替えしてくださいね。

赤ちゃんが快適に過ごせるように、その日の気温や天気、
お出かけ先の環境に合わせてお洋服を選びましょう。

コメント