赤ちゃんが歯磨きを嫌がる理由を知って、対策を考えよう!

乳幼児
スポンサーリンク

赤ちゃんに歯が生え始めると、いよいよ歯磨き開始です。
初めてのお母さんはドキドキですよね。
赤ちゃんを虫歯から守るため「いざ!」と思って歯磨きをしても、
嫌がる赤ちゃんも多いものです。わたしも苦戦している一人です・・・

赤ちゃんが歯磨きを嫌がる理由や、コツなどを勉強し、一緒に克服していきましょう。

 

赤ちゃんが歯磨きを嫌がる時に考えられる理由とは

ガーゼで歯を拭いていたときはそれほど嫌がってなかったのに、
歯ブラシで磨き始めたら嫌がる赤ちゃんは結構多いです。

ママは「どうして?」と残念だったり、心配だったりしますよね。

歯磨きを嫌がるその理由は“歯磨きが苦しい”ということでした。
口の中に慣れない歯ブラシを入れられて、長時間そのままでいるのが苦しくて歯磨きを嫌がります。

あとは歯ブラシが合わない、歯磨きの力が強くて痛いなどの理由が考えられます。

 

歯磨きを嫌がった時の対処法

①歯ブラシを変えよう!

赤ちゃんにも好みがあります。
今使っている歯磨きが合わなくて嫌がっているのかもしれません。
ブラシの硬さや大きさにもたくさんの種類があります。
いろいろ試して、赤ちゃんに合ったものを選びましょう。

②ペンのように握ろう!

赤ちゃんの歯磨きはペンのように握ることがポイントです。
余計な力を入れず毛先を細かく動かすことが大切です。

③歯の面に直角に当てる!

優しい力で磨くときは歯の面に直角にブラシを毛をあて、小さく横に磨きます。

④歯磨き粉に工夫!

赤ちゃん用の歯磨き粉を使いますが、イチゴ味やブドウ味など
甘い味のついたものを選ぶようにしましょう。赤ちゃんも大好きな味ですね。

⑤1本3回磨いて休憩!

お口の中にはブラシを入れて、1本の歯を3回磨いたら、
歯ブラシをお口から出して休憩します。
ゆっくり丁寧に、休憩を入れながら、ママにも赤ちゃんにも負担の無いようにしましょう。

074034
 

歯磨きタイムを楽しくするコツなど

・歯磨きを決まった時間にするように心がけます。
リズムができてくることで歯磨きの時間を認識でき慣れてきます。

・触られることに慣れる、仰向きの体制に慣れることです。
普段の遊びの中に頬を触ったり口に触れるなどの遊びを取り入れて、
慣れておくといいですね。
また、ラッコのように赤ちゃんを膝の上にのせ体を
大きく揺らしたり小さく揺らして遊ぶことで、歯磨きの時の仰向けの体制にも慣れてきます。

・楽しいと思える環境作りをしましょう。
ママたちが「歯磨きしなくちゃ!」と義務感いっぱいいで歯磨きするよりも、
コミュニケーションや遊びの一つと思ってやってみましょう。
歌を唄ったりおしゃべりをしながらやってみてください。
そして、歯磨きの後はたくさん褒めてあげましょう。

 

赤ちゃんの歯磨きは、大人のように食後毎回磨かなくても大丈夫です。
まずは夜だけでも磨いてあげれるように、楽しいふれあいの時間として
始めてみてください。

コメント