赤ちゃんの水遊びはいつからできる?楽しく夏を過ごしたい!

乳幼児
スポンサーリンク
Pocket

夏と言えばプールに海など、水遊びは欠かせませんよね!
でも初めて夏を迎えるママさんは、いつから水遊びをしていいのか、
どのくらいの時間、どのくらいの水温で遊ばせればいいのかなど
分からない事も沢山あるのではないでしょうか?

そんな新米ママさんのために水遊びについて詳しく紹介します。

 

赤ちゃんの水遊びデビューはいつ?

最近、ベビースイミングと言って、首が座る前の赤ちゃんから
プール等に入れていることがありますが、実際はどの位のころから入れていいの?
うちの子はもう水遊びをしていいの?など、疑問がいっぱいですよね。

まず、自宅での水遊びなどはお座りが安定してからが始めどきです。
両手でおもちゃを持ってもお座りが上手にできているぐらいが理想です。

公共のプールなどは「オムツの取れていないお子様は禁止」
などと注意書きがあるかもしれないので、確認も必要ですが、
基本的にオムツの取れていない時期はやめましょう。
いつ、おしっこやウンチをするかわかりません。
幼児用のプールもありますが、なるべく衛生面を考慮し感染症、
また、トラブルを避けるためにもやめておいたほうがいいかもしれません。

 

水の深さはどれくらい?水温は?

お家でプールを出す、またはお風呂に水をためて水遊びを実際にしようと思ったとき、
水の深さには気を付けてください。水深が高すぎると、溺れてしまいます。

水の深さは赤ちゃんがお座りしておしりがしっかり沈むくらいがいいでしょう。
水をすくったり、おもちゃを浮かべることが出来る程度でいいです。

水の温度は22度以上にします。水道水は意外と冷たいもの。
お外でプールを出して遊ぶ時は、おひさまで温めてから遊ばせましょう。

 

遊ばせる時間帯は午前?午後?どのくらいの時間遊ばせる?

水遊びの時間帯としては、午後よりも、午前中のお昼に近い時間帯に
15分程度遊ばせるのがおすすめです。

水遊びは大人が思っている以上に体力を使います。
赤ちゃんはまだ遊び足りないかもしれませんが15分前後がベストです。

また、午前中にすることで遊んだ後も、
午後からゆっくりお昼寝もできて、赤ちゃんに負担もないですね。

 

水遊びする時の注意点は?

水遊びはとても涼しいイメージですが、実は遊びながら汗をかいているのです。
熱中症の原因になってしまいますので、直射日光や炎天下は避けて、日陰で遊ぶようにします。
日差しが強いときはしっかり帽子をかぶせ、水分補給も忘れずにしましょう。

水遊びをする気温としては28度くらいがちょうどいいです。
「なんだか少し肌寒い・・・」なんて日の水遊びは避けましょう。

そして1番大切なことは、絶対にママ・パパが目を離さないことです。
「浅いから大丈夫」「お座りも上手だから」と、少し目を離すと溺れるなど事故の元です。
水遊び中は十分に注意し見守ってあげてくださいね。

f22de65811003d110f359b18cc3cca31_m
 

暑い夏には欠かせない、赤ちゃんも大好きな水遊び。
事故の無いようにママもパパも一緒に楽しんでくださいね。

コメント